So-net無料ブログ作成
検索選択

陳舜臣氏死去 [本]

21日に訃報を耳にし、思い入れたっぷりの文章を書いていたのですが、誤って消してしまいしばらく茫然としてしまいました。

もう二十年以上前、父が買ってきたまま読まずに放りだしていた「小説十八史略」を読んだことが始まりでした。中国古代から壇ノ浦を連想させる南宋の滅亡にいたるまでの物語。春秋の英雄、軍師、始皇帝の孤独、漢楚の攻防とその顛末、羊飼いから将軍になった男、ローマを目指した男、警察長官になりたかった皇帝、隋唐の興亡、最も興味をひかれた唐の太宗をとりまく物語、元祖独眼竜などなど、人間とは、かくも弱く、強く、恐ろしく、優しく、あさましくもまた崇高でもあり、醜くも美しくもあるのだと、わくわくしました。以後、陳氏の歴史エッセイを中心に読むこととなるのですが、幾多の文献を読みこまれたであろうその知識量にも圧倒されることとなりました。

90歳ということですので、天寿を全うされたということでしょう。


小説十八史略(五) (講談社文庫)

小説十八史略(五) (講談社文庫)




いつの間にか神林さん関連の本がいっぱい出ていた。 [本]

最近出遅れ多し


いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)

いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)




いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)

いま集合的無意識を、 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 神林 長平
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/03/09
  • メディア: 文庫




ぼくらは都市を愛していた

ぼくらは都市を愛していた

  • 作者: 神林 長平
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/07/06
  • メディア: 単行本




完璧な涙 1

完璧な涙 1

  • 作者: 東城和実
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2011/03/10
  • メディア: 単行本




完璧な涙2

完璧な涙2

  • 作者: 東城 和実
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: 単行本



それにしても完璧な涙が漫画化されていたとは、驚きです。

優しく雨ぞ降りしきる [本]

確かこんな題でした。レイ・ブラッドベリの火星年代記の中の一編です。

核戦争後、誰も居なくなった(逃げたか死に絶えた)家で自動システムだけが動き、食事を出したり音楽を流したりしている光景。電気だけあっても使う人が居なくなったらなんの意味もない...


火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)

火星年代記 (ハヤカワ文庫SF)




続きを読む


茶色の朝 [本]

東京都の某条例の可決で思い出しました。


茶色の朝

茶色の朝




そう言えば、こちらの話も。これは昔「世にも奇妙な物語」でドラマ化されていました。


23分間の奇跡 (集英社文庫)

23分間の奇跡 (集英社文庫)

  • 作者: ジェームズ・クラベル
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1988/07/20
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説舞台化・続 [本]

すっかり忘れてましたが、いつの間にかキャスト発表になっていました。新聞写真を見てちょっと^^;

キルヒアイスってラインハルトより背がたかくなかったっけ?

銀河英雄伝説舞台化


公式サイト
http://www.gineiden.jp/index.html

内容は2巻の終わりくらいまでですかね。

パステルナークとソルジェニーツィン [本]

ノーベル賞のニュースに思い出してしまいました。

パステルナークは受賞を辞退しましたが、ソルジェニーツィンは受賞し、その後、国外追放となりました。

結局私たちは所詮単なる野次馬に過ぎないのか。




晴れよう時 1956‐1959―ボリース・パステルナーク詩集

晴れよう時 1956‐1959―ボリース・パステルナーク詩集

  • 作者: ボリース パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本




わが妹人生―1917年夏

わが妹人生―1917年夏

  • 作者: ボリース・パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2000/04
  • メディア: 単行本




主題と変奏 1916‐1922

主題と変奏 1916‐1922

  • 作者: ボリース パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 単行本



第二誕生 1930‐1931

第二誕生 1930‐1931

  • 作者: ボリース パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 未知谷
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 単行本



ドクトル・ジバゴ 1

ドクトル・ジバゴ 1

  • 作者: ボリス・パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 時事通信社
  • 発売日: 1980/01
  • メディア: 単行本



ドクトル・ジバゴ 2

ドクトル・ジバゴ 2

  • 作者: ボリス・パステルナーク
  • 出版社/メーカー: 時事通信社
  • 発売日: 1980/03
  • メディア: 単行本




イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)

イワン・デニーソヴィチの一日 (新潮文庫)

  • 作者: ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1963/03
  • メディア: 文庫



ソルジェニーツィン短篇集 (岩波文庫)

ソルジェニーツィン短篇集 (岩波文庫)

  • 作者: ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1987/06
  • メディア: 文庫



収容所群島(1) 1918-1956 文学的考察

収容所群島(1) 1918-1956 文学的考察

  • 作者: ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2006/08/03
  • メディア: 単行本



収容所群島〈2〉

収容所群島〈2〉

  • 作者: A・ ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 単行本



収容所群島〈3〉

収容所群島〈3〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本



収容所群島〈4〉

収容所群島〈4〉

  • 作者: A. ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本



収容所群島(5)

収容所群島(5)

  • 作者: A・ ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2007/03/17
  • メディア: 単行本




収容所群島(6)

収容所群島(6)

  • 作者: ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: ブッキング
  • 発売日: 2007/05/18
  • メディア: 単行本




ガン病棟 上 (新潮文庫 ソ 2-2)

ガン病棟 上 (新潮文庫 ソ 2-2)

  • 作者: アレクサンドル・ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1971/09
  • メディア: 文庫



ガン病棟 下    新潮文庫 ソ 2-3

ガン病棟 下  新潮文庫 ソ 2-3

  • 作者: アレクサンドル・ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1971/09
  • メディア: 文庫



煉獄のなかで 上巻 (新潮文庫 ソ 2-4)

煉獄のなかで 上巻 (新潮文庫 ソ 2-4)

  • 作者: アレクサンドル・ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1972
  • メディア: 文庫



煉獄のなかで 下巻 (新潮文庫 ソ 2-5)

煉獄のなかで 下巻 (新潮文庫 ソ 2-5)

  • 作者: アレクサンドル・ソルジェニーツィン
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1972
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説舞台化 [本]

今頃...かもしれませんが、田中芳樹氏の銀河英雄伝説が舞台化され、2011年上演予定とのニュースを先日知りました。昔、友人と冗談で言っていたことが実現してしまいました^^;近日中に公式ホームページも正式オープンする予定です。

以前、書いた気もしますが、私が銀英伝にはまったのは、確か3巻でラインハルトがシュトライトに言った台詞が、我がマイン・カイザー唐の太宗が魏徴に言ったものと同じだったということでした。でも魏徴はどちらかと言うと、オーベルシュタインのイメージで、李勣がロイエンタール、と思ったのですが、よくよく読み込むと、亡くなった親友の子を引き取って育てたりという点ではミッターマイヤーの方かも...と、これも以前に書いている気がします。10巻+外伝、当時は新書版で発売されていました。我ながら良く読んだものです


銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)





銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説〈3〉雌伏篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈3〉雌伏篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説〈4〉策謀篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈4〉策謀篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 文庫




銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈6〉飛翔篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説〈7〉怒涛篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈7〉怒涛篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/02
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説 8 乱離篇 (8)(創元SF文庫 た1-8)

銀河英雄伝説 8 乱離篇 (8)(創元SF文庫 た1-8)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/04
  • メディア: 文庫



銀河英雄伝説〈9〉回天篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈9〉回天篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/06
  • メディア: 文庫




銀河英雄伝説 〈10〉 落日篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説 〈10〉 落日篇 (創元SF文庫)

  • 作者: 田中 芳樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 文庫



アニメブルーレイボックスが発売されるようですね。今ラインハルトの声を聞くとべジータを思い浮かべてしまいます(笑)アニメ化されるかなり前、友人と話しをした際、「他の人は誰があてようが気にならないが、ヤン・ウェンリーは富山敬さんがいい」と言ったところ、その通りになったので驚いた覚えがあります。


銀河英雄伝説 Blu-ray BOX1

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX1

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray



銀河英雄伝説 Blu-ray BOX2

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX2

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray



銀河英雄伝説 Blu-ray BOX3

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX3

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray



銀河英雄伝説 Blu-ray BOX4

銀河英雄伝説 Blu-ray BOX4

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray


Chicken Licken [本]

昔、旅行中に友人と見つけた子ども用の本。 結構色々種類が出ているようです。可愛い絵柄とは裏腹に衝撃の結末でした^^;

Chicken Licken

色々なバージョンがあるようです。 Chicken Licken: Level 3 (First Reading)

Chicken Licken: Level 3 (First Reading)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: Usborne Publishing Ltd
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: ハードカバー



アンブロークンアロー [本]

雪風の新作が7月に出ていました。三日でようやく中盤くらいまで読み進んでいます。昔ならこんなにかからなかったものを、若いときと違い時間がなくなったのか、はたまた速度が落ちたものか…

考えてみると、このシリーズは20年以上読み続けていることになります。一作目を読んだのは高校生の時で何度も読み返しました。当時の本は現在ではボロボロです。「戦闘妖精・雪風」「グッドラック」そしてこの「アンブロークン・アロー」もどこか自分の体験(精神的な)と重なるものがあってドキリとさせられます。


アンブロークンアロー―戦闘妖精・雪風

アンブロークンアロー―戦闘妖精・雪風





戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)

戦闘妖精・雪風(改) (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 神林 長平
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2002/04
  • メディア: 文庫




グッドラック―戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)

グッドラック―戦闘妖精・雪風 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 神林 長平
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2001/12
  • メディア: 文庫



トマホーク・ジョンやら懐かしい名前もちらほろ。しかし当時、同じ雪風仲間に名前を出しても「誰?」だったヒカラチアにこれほど光が当たるとは思いませんでした^^;

続きを読む


栗本薫さん [本]

昨夜、お亡くなりになったと新聞で知りました。

中学時代の友人からグイン・サーガを借り、結局自分で買い始めました。グイン・サーガは頓挫してしまいましたが、他のシリーズもいくつか読んでいました。記憶が確かであれば、神林長平氏のデビュー作「狐と踊れ」の際の選考委員でもいらしたかと。栗本さんの本を友人と貸し合ったり、話題にしたり、今更ながら、私の学生時代とは密接に結びついた方でした。

ご冥福をお祈りします。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。